たまりば

  ファッション・美容 ファッション・美容  その他 その他

2019年09月28日

CROCKETT&JONES

























Crockett&Jonesのオールソール

コバの形状もなるべくオリジナルに近いように。


部材はお選びいただけますが、JRソールとJRダヴテイルはおすすめの組み合わせです。


ご来店お待ちしております。
  


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:32Comments(0)Crockett&Jones

    2019年09月26日

    Enzo Bonafe 

    こんにちは!


    本日ご紹介するのは


    Enzo Bonafe (エンツォ ボナフェ)




    妥協のない高品質な革靴づくりでイタリアの名門ブランドとなったエンツォ・ボナフェ(Enzo Bonafe)。

    のべ70年近くという、文字通り生涯を革靴づくりにかける創業者が手がけるコレクションは

    前ローマ法王も愛し、イタリア国家からお墨付きがもらえるほどのクオリティといわれています。



    こちらのボナフェ、素敵だなーと眺めていましたら、

    セミオーダーで作られた一足だそうです。


    スタンダードなデザインだと、ハイカット部分は生地が多いですが

    こちらはレザーで施されております。






    つま先補強でお預かりいたしました!







    RESH限定のトースチール『エテルノ ピッコロ』を付けております!


    イタリア製の靴にはとても相性がいいですね!!



    ソールの裏にもこだわりをもって履かれているオーナー様の靴愛が感じられます^^


    いつもご利用頂きありがとうございます!




      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 21:57Comments(0)メンズ修理

    2019年09月23日

    RESHは鞄修理も承っております





    平素はRESH.をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。







    私共は年間8万足を超える高級靴の修理をご用命いただく中で、



    最高の仕上がりを提供することを追及してきました。



    その修理工程の中で、修理箇所の復元に加え、革の種類や特徴、



    コンディションに合った最適なレザーケアを施術することの大切さを再認識し、



    大きな壁にぶつかりました。






    試行錯誤の中、有名メゾンの鞄修理専門ファクトリー、鞄製造メーカー、



    染料・顔料メーカーや皮革製造メーカーとの交流で



    靴修理以外の革製品に関する知識が蓄積されていきました。






    「靴以外にも、愛着のある鞄や財布、革製品も見てもらえないか?」



    数多くのお声を伺うようになりました。







    「物を大切にしたい」

    「お気に入りの逸品をできるだけ永く使いたい」




    大切なお客様のそんな思いに少しでも寄り添えたらと考え、



    私共は次のステージに挑戦致します。


    おもな修理メニュー
    *表示価格はすべて税込みです

    ・ステッチほつれ(10㎝) ¥1,080~
    *以降10㎝ごと+¥108~

    ・ファスナー交換1か所(40㎝以内) ¥10,800~
    *以降10㎝ごと+¥2,160~

    ・内張り交換 ¥21,600~

    ・ハンドル作製 ¥12,960~

    ・ショルダーベルトカット ¥4,320~






      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 19:22Comments(0)

    2019年09月22日

    CHURCHS

    いつも銀座三越シューズ&バッグリペアコーナーをご利用頂きありがとうございます!



    ソールに穴が開いてしまったらオールソール!
    という方多いと思います。

    でも、カカトがまだしっかり残ってるし、出来るだけコストも抑えたい。

    という方にはハーフレザーがオススメ。



    土踏まずから前のソールを一度取り除き、新たに5㎜前後のハーフソールを付けて縫い合わせます。

    この修理ですとハーフラバーと違って厚みもカバーできますし、カカトは残るものの

    オールソールと同じような感覚です。

      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 19:48Comments(0)

    2019年09月21日

    J.M.WESTON 

    こんちには。


    本日ご紹介するのは


    J.M.WESTON







    セミブローグのウエストン。


    さて、新品の状態からつま先の補強を致しました!




    ヴィンテージスチール  3,800円+税

    リッシュではお馴染みのお修理です!


    込み合っていなければ、30分程で仕上げます!!


    良く減るつま先はこまめにチェックしてくださいませ!!  


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:19Comments(0)

    2019年09月20日

    お財布の修理も承ります!

    こんにちは!


    本日ご紹介するのはお財布修理です!





    Bottega Venetaの長財布。





    こちら、ファスナー交換を致しました。





    元々の引手もそのまま流用しているので

    雰囲気を壊さずファスナー交換も可能です!








    分解したファスナーテープです。

    元はマットブラックの色のファスナーだったことがわかります。

    金属のタイプのファズナーは、使用していくうちに金属疲労が起き

    チャックが閉まらなくなったりする事が有ります。


    そんな時はファズナー交換承りいたします!




    ファスナー交換   12,000円~



    お気軽にご相談下しませ!
      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:48Comments(0)

    2019年09月19日

    CROCKETT&JONES

    こんにちは。


    大分秋めいてきましたね。


    売り場でも秋の新作が並んでおります。


    さて、本日は

    Crockett&Jones




    新品の状態からお預かりいたしました。


    下ろす前のソール補強させていただきます!











    つま先には、トライアンフ。

    ハーフラバーは、vibramエクスプローションソール。


    つま先スチール&ハーフラバーの組み合わせ、とても人気のお修理です。

    これで靴の寿命も長くなります!!


    大切に長く履きたいお靴には、このようなお修理もお勧めいたします^^

      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 19:54Comments(0)Crockett&Jones

    2019年09月18日

    ALDEN

    こんにちは。


    今日は一日雨でしたね。


    濡れた路面で滑った方もいらっしゃると思います。


    こちらのALDEN


    滑りにくく、長持ちするように、ハーフラバーのお修理をさせていただきました!


    BEFORE







    AFTER






    お付けしたのは、VibramEXハーフラバー。


    耐久性と、滑りづらさが特徴のラバーです。


    少し厚手のラバーですが、横からの見た目も自然ですよね。


    VibramEXハーフラバー 両足 ¥3,200+税


    今回は履き下ろしのお靴でしたが、すり減ったお靴でもウェルカムです!!


    ご来店をお待ちしております。



      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 16:00Comments(0)

    2019年09月17日

    CHEANEY

    こんにちは!



    本日はこちら CHEANEY















    ハーフラバーを貼り、滑り止めと、耐久性アップ。


    vibram EXハーフラバー 両足¥3,200+税



    ご来店お待ちしております。






      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:00Comments(0)修理メンズ修理

    2019年09月15日

    CHURCHS

    こんにちは。

    今日ご紹介するのは、

    Churchs











    プレーントゥの名作革靴と言われているシャノンです。

    私もこのポテッとした丸みのあるつま先が素敵だなぁと

    欲しい一足であります。


    オーナー様は銀座三越の社員さんです。

    リフト交換をさせていただきました。

    シャノンの重圧なヒールリフトは安定感があるので疲れにくいと定評がありますね。

    そこに『コンチネンタル』の材料でリフト交換させていただいたので

    さらに履き心地はよくなっていると思います。

    一日立ち仕事の方にはお勧めしたいリフトです。


    コンチネンタルリフト   3,700円税





    当日でお渡し可能です。


    是非、皆様もお試しください。  


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 19:19Comments(0)Churchs

    2019年09月13日

    【新材料】ドイツ製 人気部材です!



    平素は銀座三越シューズ&バッグリペアコーナーをご愛顧いただき、誠にありがとうございます!



    本日はRESH.がドイツより直輸入致します新パーツのご案内です。







    生産に1年以上かかる希少な革であるオークバークの



    ・レザーソール

    ・ハーフレザー

    ・ダヴ

    ・ラスター




    の取り扱いがスタート致しました。



    弊社のヨーロッパ渉外担当がこのほど、ドイツを訪れ探し出してきた逸品でございます。













    今回取引が始まったタンナーは創業から350年以上の老舗タンナー。



    当時と変わらない伝統的な方法で革を作っています。



    原皮に使用している牛は



    主にドイツとオーストリアのアルプス山脈の雄大な山々に囲まれて放牧された牛達です。



    それらの牛は通常夏は外の山におり、冬は雪深い谷間の農場にいます。



    そのため、品質が良く強度のある革底となっています。



    一部の牛はスコットランドやアイルランドから来ておりますが、



    それらの牛も年間を通して外で飼っています。



    なぜなら冷たい雨で育った牛は美しい構造のグレインとなるためです。



    多くのタンナーは数日で化学的に早くタンニングしますが、



    こちらのタンナーでは



    最初のタンニングで5~6週間ピットの中に入れ、



    メインタンニングではオークバークと一緒に18か月ピットの中に入れます。




























    そもそもオークバークとはどんな革かといいますと、



    ヨーロッパ産のオークの木から抽出されたタンニンによってなめされた希少な革のことです。



    昔ながらの伝統的な工法によるため、生産に1年以上かかり量産が難しく、



    高級靴の中でも特に高価な靴の底材に使用されるパーツです。












    イタリア製のレザーソールや独ジョーレンデンバッハなど



    弊社で取り扱いのあるレザーパーツのうち何種類かの強度や摩耗のしにくさを試験致しましたが、



    その中で一番堅牢であることがわかりました。



    私共が自信をもってご案内できる材料でございます。



    希少で堅牢なジャーマンオークバーク。



    普段使いのシューズにはもちろん、勝負靴の足元を支えるにも十分なパーツでございます。



    皆様のご利用、ご愛顧をお待ち申し上げております!




    ☆ジャーマンオークバークレザーソール・・・¥18,000+税~(両足)

    ☆ジャーマンハーフレザー・・・¥9,000+税~(両足)

    ☆ジャーマンダヴ・・・¥6,000+税(両足)

    ☆ジャーマンラスター・・・¥6,000+税(両足)



      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:14Comments(0)メンズ修理

    2019年09月12日

    CHROME HEARTS×ファスナー交換

    こんばんは!



    平素は銀座三越シューズ&バッグリペアコーナーをご愛顧いただき、誠にありがとうございます!



    本日はCHROME HEARTS(クロムハーツ)のレザーウォレット。



    ファスナー交換でございます。


















    度重なる開閉による摩耗のため、ファスナーを閉めても開いてきてしまうようになりました。



    今回はメインのファスナーを交換させていただきました。








    もちろんクロムハーツの引手も新しいファスナーへ移植しております。








    元のファスナーはアルミ製でございましたが、



    アルミ製は摩耗に弱いため、今回はメタル製のファスナーに交換。



    色味はやや異なりますが、強度はアップしております。






    ファスナーは消耗品です。特に金属製の物は



    使用により摩耗して不具合が生じたり、錆びついて動かなくなったりします。



    その際はスライダー(ファスナーを開閉する金具)



    を交換しても改善されないことがほとんどでございます。






    ☆財布ファスナー交換・・・¥12,000+税~



    納期はファスナーの在庫状況にもよりますが、3週間前後でございます。



    皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております!



      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 18:00Comments(0)鞄修理その他修理

    2019年09月11日

    レッドウィング ベックマン

    こんにちは。


    今日はRED WINGです。


    BEFORE


    オリジナルのハーフラバーが劣化しています。



    AFTER


    Vibram♯2333ハーフラバーで交換いたしました。


    今回は底縫いのステッチが切れにくいよう、外側のパターンを削って加工しております。



    ワークブーツもお任せください!!


    今回のお修理は、ハーフラバーVibram♯2333 両足 ¥5,000+税
            +底縫い 両足 ¥1,500+税
       


    ご来店お待ちしております。
      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 17:00Comments(0)

    2019年09月10日

    エルメス バーキン 角の補色

    こんにちは!


    本日はHermèsバーキンのペイントによる擦れの補色のご紹介です。



    Hermès バーキン





    大切に大切に使っていても、どおしてもダメージがでてきてしまうのが底の角の部分です。








    知らない間に擦り切れてしまっていて、



    ふと気が付いた時に大変残念な経験をされている方も多いのではないでしょうか?




    実際にお客様からのお問い合わせもすごく多い症状です。



    傷の部分をなだらかにして、



    バッグ一つひとつの状態に合わせて本体と色の差がでないように慎重に調色しペイントします。








    ちょっとしたキズでも気になりだしたらお気に入りのバッグも気持ちよく使えないですよね。



    もうダメだ…と諦めるまえに、スタッフまで一度ご相談いただけたら幸いです。


      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 18:00Comments(0)鞄修理

    2019年09月08日

    9月9日 開店時間変更のお知らせ



    いつも銀座三越シューズ&リペアコーナーをご利用頂き誠にありがとうございます!


    台風15号の影響で、明日9月9日の開店時間が変更になります。


    11時開店(通常10時開店)


    お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが


    何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。


      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 18:49Comments(0)お知らせ

    2019年09月08日

    Maison Margiela

    こんにちは!

    いつも銀座三越シューズ&バッグリペアコーナーをご利用頂き誠にありがとうございます!



    台風15号が関東に接近中ですね。。

    今夜は早めに帰宅して台風に備えましょう!!


    日曜日の銀座三越は本日19時30分までの営業になりますので、ご利用のお客様は

    お気を付けくださいませ!!




    さて本日はMaison Margiela





    ストレッチレザーのタビブーツです。

    履きやすそうですね。









    おろす前の定番修理として、ソールの補強が人気です。


    1㎜厚のハーフラバーを貼りました。


    厚みが薄いので、靴のシルエットを邪魔せずきれいな仕上がりになります。


    レディースシューズには一番人気の材料です!


    大切な一足に是非お試しくださいませ!


      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 09:47Comments(0)Maison Margiela

    2019年09月06日

    Berluti

    いつも銀座三越シューズ&バッグリペアコーナーをご利用頂きありがとうございます!

    本日はこちらの靴をご紹介させて頂きます。







    革底の中で耐久性はダントツナンバー1!


    ドイツ製の底材です。

    踵も同じタンナーさんから仕入れていて抜群の持ち!

    是非一度お試しください。

    鬼塚

      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:02Comments(0)

    2019年09月05日

    【カバン修理】Hermes×ライニングの染め直し

    こんばんは!



    平素は銀座三越シューズ&リペアコーナーをご愛顧いただき、誠にありがとうございます!






    本日はHermèsライニングの染め直しをご紹介させていただきます。






    靴と同様、革製品のバックも使用していないときの保管環境がとっても大切です。




    バッグの場合は靴と違って、形や大きさの種類が多いぶん使うシーンが限定されていて



    1、2年ざらに使わずクローゼットにしまったままになってしまっているケースが多いですよね。





    久しぶりに使おうと思ってひっぱり出してみると、



    外側はキレイなのに



    ライニング部分が覚えのないシミベタつきがある経験はないでしょうか?





    原因のほとんどは保管環境によるものなのですが、



    特に日本特有の蒸し暑い気候の湿気くもり雨タラーッが原因です。



    対策としては定期的に風通し良い場所で陰干ししてあげるなども効果的なのですが、



    なかなかで面倒でできないですよね。



    一度そうなってしまったものはクリーナーでキレイにするのが難しく、



    ベタつきがある場合はライニングそのもの解いて取り除き、



    新しい革に交換しなければいけない場合もあります。




    今回のバックは幸いベタつきがないため、吹付による染め直しの方法で修理させていただきました。




    お手入れや保管環境によっては何十年でも使えるものなので、



    諦めて捨ててしまう前にお気軽にスタッフまでお問い合わせください。


      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 18:00Comments(0)鞄修理

    2019年09月04日

    NIKE BENASSI×vibram#7120ブラック

    こんばんは!



    平素は銀座三越シューズ&バッグリペアコーナーをご愛顧いただき、誠にありがとうございます!



    本日はNIKE(ナイキ)のシャワーサンダル。








    BENASSI(ベナッシ)のソール補強です。



    ビフォー









    アフター








    濡れた路面用に開発されたヴィブラム社最新のラバー「XsCITY」






    のラバーシートで全面補強させていただきました。



    コンビニエンスストアやスーパーマーケット、デパートのツルツルした床などが



    雨や雪で濡れていることがしばしばございますが、



    そういったシーンでグリップ力を発揮してくれるラバーです。






    私はよくコンビニエンスストアを利用しますが、



    このラバーに出合うまではよく滑って恐る恐る歩いておりましたが、



    XsCITYが登場してからは雨の日も気にせずに歩くことができるようになりました。



    濡れた路面でこそグリップ力を発揮するこれまでにないパーツです。






    秋雨で天候が不安定な日が続きますが、雨対策にはうってつけのラバーシートです。



    また、ベナッシのソールはEVAですので、雨の日は特に滑りやすいです。






    #7120を張ることでグリップ力が格段に良くなります!



    ☆vibram#7120・・・¥6,900+税(両足)



    納期は1週間程度でございます。



    お洒落上級者の方々必須アイテムのシャワーサンダル。



    バージョンアップしてみてはいかがでしょうか?




    皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております!
      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 18:00Comments(0)

    2019年09月03日

    LOUIS VUITTON ファスナー修理

    平素は銀座三越5階シューズ&バックリペアコーナーをご愛顧いただき誠にありがとうございます。





    本日は LOUIS VUITTON ファスナー修理のご紹介です。





    カバンの修理箇所で最も多いなかのひとつが、ファスナーの故障です。
    今回は引手(引っ張る部分)が本体から外れてしまっています。






    写真のような場合ですとファスナー部分全体の交換は必要なく、スライダー(ファスナー開閉させるパーツ)のみの交換で直ります。

    オリジナルのブランドロゴが入った引手もほとんどの場合もう一度取り付けることが可能です。
    (外れた引手をなくさないように一緒にお持ちください。)











    状態や形状によってはスライダーがまれに合わない場合もございます。
    その場合はファスナー交換でのご案内となります。

    お気軽にスタッフまでお問い合わせください。







      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:01Comments(0)鞄修理