たまりば

  ファッション・美容 ファッション・美容  その他 その他

2017年06月27日

CHURCHS























サンダルになっても、

なんとなくチャーチらしさを感じる。

レディースの展開も広がってますね。

直営店ではウェアの取り扱いもされてるようですし、

今後はトータルコーディネートの出来るブランドへと

変わっていくのでしょうか。





うえだ

  


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 19:29Comments(0)修理レディース修理Churchs

    2017年06月22日

    JOHN LOBB





















    靴作りにもエコを・・・

    といったところでしょうか。

    こちらのモデル、先日発表されたばかりのもののようで、

    デザインに切り替えを多用することにより、

    今までは使えずに処分していたような大きさの革も

    利用出来るようにと考案されたもの。

    近年は工業廃水の規制なども厳しいようで、

    今後もメーカーサイドは色々な工夫を打ち出してくるのでしょうね・・・


    お客様から色々と教えていただくことも多い今日この頃です。






    うえだ  


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:56Comments(0)修理John Lobb

    2017年06月21日

    JOHN LOBB





















    珍しいお靴を作業させていただきました。

    定番モデルをローファーのデザインに落とし込んだ、

    フィリップⅡローファー。

    ブーツもタイプも一緒に発表されていたかと思いますが、

    そちらはまだお目にかかったことがありませんね・・・




    うえだ  


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 18:28Comments(0)修理John Lobb

    2017年06月18日

    Christian Louboutin

























    認知されてきた感のあるミラーハーフラバー。

    リピートされる方も増えています。

    厚みの割に柔らかく、

    レディースの湾曲したソールにもしっかりと沿ってくれます。

    是非お試しを。




    うえだ

      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 09:49Comments(0)修理レディース修理

    2017年06月15日

    ここって千切れますよね。

    いつも銀座三越5階 リペアコーナーをご利用いただきありがとうございます!

    突然ですが、トリッカーズ等のブーツの履き口についているループ部分って千切れてきませんか?

    今回お預かりさせて頂いたお客様のお靴はもうすでに千切ってありました。



    ブーツの場合、このループが無いと履きにくくありませんか?

    と、いうことで新しく交換です!



    今回は<元>茶色→ネイビーに変えました。

    靴ひもの色を変えたりして遊べそうです!!

    ループの出幅もお客様とご相談して。



    カラーは5色あります!



    お悩みでしたら是非!

    ・・・プルリング交換・・・
    片足  : 1,800円~







      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 22:17Comments(0)修理

    2017年06月12日

    夏が近づいたら。

    いつも銀座三越5階 リペアコーナーをご利用いただきありがとうございます!

    夏が近づいてきたらと言えば、

    目を刺すような暑ーい日差し

    アイスクリーム

    冷たいお蕎麦

    キンキンに冷えたビール

    夏フェス

    半袖・短パン・・・

    色々ありますね。

    私たちの工房では夏が来たら「中敷き交換」 です。



    脱ぎ履きする機会も増え、中敷きにも目を配りたいところ。

    直接足の当たる場所なんで、中敷きもちょっと傷みやすいです。

    そんなときは中敷きの交換で解決!!



    今回は近めのお色の革がありました!

    夏本番を迎える前に、是非インソールのお手入れも。

    ・・・中敷き交換・・・
    メンズ   : 2,000円~
    レディース  : 1,600円~

    (革の色味・質感は変わりますのでご了承くださいませ。)










      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 22:17Comments(0)修理

    2017年06月08日

    il micio






















    孤高の靴職人・・・

    といったイメージの深谷秀隆さん。

    イルミーチョ(イタリア語で子猫の意)とゆう屋号を体現するかのような、

    優雅な曲線の美しい一足。

    店舗もイタリアにあるため、

    あまり、ビスポークの靴を拝見できる機会もありません。

    眼福、眼福。





    うえだ















      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:07Comments(0)修理

    2017年06月06日

    EDWARD GREEN

























    エドワードグリーンの代表的なモデル、ドーバー。

    ドーバーと言えば#32ラスト。

    そしてウエストが特徴的なスペードソール。

    アッパーのスキンステッチよりソールの意匠に気を取られてしまうのは、

    靴修理屋の性でしょうか。





    うえだ


















      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:07Comments(0)修理Edward Green

    2017年05月28日

    ALDEN























    ハーフラバーだけだとはがれやすいとの事で、

    スチールや今回のようにつま先部分をラバーで補強する場合があります。

    もちろんハーフラバーの先端がすり減ってからでも大丈夫。

    タイミングはお好みで。





    うえだ





      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:27Comments(0)修理Alden

    2017年05月21日

    J.M.WESTON























    ここ数年でネイビーの靴も一気に市民権を得たように感じます。

    意外と色々な服に合わせやすいのも要因でしょうか。

    今後も定番化しそうですね。




    うえだ

      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 18:44Comments(0)修理J.M.WESTON

    2017年05月18日

    JUTTA NEUMANN

























    《サンダル界のロールスロイス》



    よくファッション誌で目にする、ユッタニューマンを形容する言葉です。

    実際履いてみると、

    アッパーの革は馴染みも良く、

    こちらの特徴でもあるアーチサポートの盛り上がりは

    履けば履くほど所有者の足にフィットしてくれます。

    私が初めて購入した時はレザーソール仕様でビルケンスポンジが付いていませんでした。

    その翌年、ビルケンソールが付いた仕様を某セレクトショップで見かけ、

    なるほどね!と、速攻で真似したものでした。



    そろそろサンダルの活躍する季節。

    私もあれを履く準備をしなければ・・・

    あれですあれ。






    うえだ


      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 10:53Comments(0)修理レディース修理

    2017年05月17日

    Tricker's


















    手入れを繰り返し、

    長年履きこんだ一足。

    今回はソールをダイナイトに変えてイメージチェンジ。

    これからの梅雨時期にも良さそうですね。





    うえだ  


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 11:09Comments(0)修理レディース修理Trickers

    2017年05月15日

    WESCO
















    ="" title=""
    >











    友人のウエスコ。

    もう何度ASしたことでしょうか・・・

    彼はバイク乗車時にこのBOSSを着用するため、

    アッパー部分に入るキズやスレもリアル。

    雰囲気ありますよね。

    時間かかっちゃってゴメンナサイ。

    次は何年後?








    うえだ











      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 17:50Comments(0)修理

    2017年05月14日

    CHEANEY























    色々なブランドのOEMも請け負うチーニー、

    靴の聖地と謳われるノーザンプトンの中においても大きなメーカーです。

    近頃また、よく目にするようになってきました。

    履き下ろしにハーフラバーを。




    うえだ




      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:46Comments(0)修理

    2017年04月23日

    CHURCHS

























    新しい物に新鮮さを求めるのだとしたら、

    変わらない物に求めるのは安心といったところでしょうか。

    ハーフラバーとスチールで、

    履き下ろしの準備も万端。




    うえだ



      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:01Comments(0)修理Churchs

    2017年04月06日

    SILVANO LATTANZI





















    手仕事にこだわった既製靴と言えば色々ありますが、

    やはり最高峰はこちらではないでしょうか。

    シルバノ・ラッタンジ

    価格ももちろん一級品。

    そこに価値観を見出せるかどうか・・・

    ですかね。





    うえだ  


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:21Comments(0)修理

    2017年04月04日

    CHURCHS





















    私見ですが、

    レディースのサイズ感だからカッコよく見えるんだろうなと思うんです。

    この配色。

    レディースのチャーチにもハーフラバーとスチールを。





    うえだ  


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:07Comments(0)修理レディース修理Churchs

    2017年04月03日

    MANOLO BLAHNIK





















    暖かくなってくると

    こういった明るい色のパンプスが映えますね。

    気分も晴れやかになります。





    うえだ  


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 17:28Comments(0)修理レディース修理

    2017年03月31日

    STEFANO BI
















    春は出会いや別れの季節と申します。

    私にとってそれは人に限らず、

    身に着ける物にも言えます。

    画像の2足もそう。

    もう17年前になりますが・・・

    その頃に勤めていた靴のセレクトショップ《TROCADERO》。

    そこで気に入り色違いで購入。

    色々な場面で私の足元を支えてくれました。

    しかし、年齢を重ね、体型が変わったことにより、

    もう長時間履くと痛くて痛くて・・・

    この度、里子に出すことを決意した次第です。

    嫁ぎ先でも可愛がってもらいな。




    うえだ  


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:17Comments(0)修理

    2017年03月28日

    Maison Margiela



























    シーズン毎に少しずつ仕様を変えてリリースされる足袋シリーズ。

    今期は白なんですね。

    マルジェラっぽくて雰囲気があります。

    この度は初の試み。

    ハーフラバーの先端部分をカットし、

    つま先の部分補修で使用する硬めのラバーを

    はめ込んであります。

    紳士靴ではたまにご依頼いただくこの仕様、

    足袋ブーツに施したのは初めてでした。




    うえだ  


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 21:30Comments(0)修理レディース修理