たまりば

  ファッション・美容 ファッション・美容  その他 その他

2017年01月12日

Le Yucca's
































《レ ユッカス》と読みます。

イタリアを拠点として活躍する日本人シューデザイナー、

村瀬由香さんが展開するこちらのブランド。

その靴作りを担っているのが、エンツォ・ボナフェ。

日本でもお馴染みの名門ファクトリーです。

元々レディースから始まったブランドらしく、

画像のUチップシューズも、

ウエスト部分のクビレや高めのヒールなど女性的な雰囲気。

ボナフェ、いい仕事してます。

毎シーズン、新作のデザインが楽しみなブランドの一つ。






うえだ  


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 21:14Comments(0)修理レディース修理

    2017年01月10日

    SARTORE


























    乗馬ブーツをイメージソースにデザインされたロングブーツが有名なサルトル。

    毎年、修理に持ち込まれる方も多く、

    人気の衰えない一足です。

    元々それ以外のデザインも多数有るのですが、

    私がプライベートでパリの直営店を訪れた時には、

    『なぜ日本人はコレ(上で書いたロングブーツ)ばかり欲しがるんだ』

    と、店員から質問されたほど人気なようです。



    今回お預けいただいたのはショートタイプ。

    件のロングブーツ以外はデザインの凝った物も多く、

    こちらも足首部分を覆うストラップ風のレザーが、

    同色のエナメルで切り替えられています。

    シャレオツ。





    うえだ

      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:05Comments(0)修理レディース修理

    2017年01月07日

    ALDEN





















    一時期に比べると落ち着いた感のあるこちらの仕様。

    それでもリピートされる方は多く、

    定番のメニューとして定着しています。

    つま先の減りは、靴を履いてて一番気になるところ。

    そのストレスが軽減されるのは少し嬉しいかもしれません。





    うえだ  


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:58Comments(0)修理Alden

    2016年12月19日

    CHANEL





    ピントの合っていない状態でシャッターを切ってしまいました・・・



































    近くで見るとチェーンでの装飾。

    老舗の力を感じます。

    ピントの合っていない写真でも、

    なんだか雰囲気良く見えて・・・はこないか。







    うえだ
      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:44Comments(0)修理レディース修理

    2016年12月14日

    TRICKER'S



























    コマンドソールとはまた違った趣きの仕上げ。

    ビブラム#100でのオールソール交換。

    仕上げるのも大変でした・・・

    作業してても削れにくいんですよ、

    この材料・・・






    うえだ  


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:19Comments(0)修理Trickers

    2016年12月09日

    GUCCI


























    アレッサンドロ・ミケーレ氏のディレクションするグッチは、

    なんだか見ていて楽しい。

    ボキャブラリーの乏しさがばれてしまいますが、

    なんだか楽しい。

    グッチでこんなデザインが!

    ってのが見られるからかもしれません。



    先日、銀座のドーバーストリートマーケットに行ってきました。

    この秋冬からグッチのスペースが拡充され、

    そこには本国のショールームと同じく真っ赤な絨毯が敷かれており、

    踏み込むのも少し躊躇してしまうような雰囲気を醸しておりました。

    銀座までお越しの際には是非ご覧になられてみてください。

    個人的には好きなお店です。





    うえだ  


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 19:27Comments(0)修理レディース修理

    2016年12月08日

    VALENTINO






















    レディースのお靴でもよく見かけるディテールとなりました。

    ピラミッド型のスタッズ。

    私が古いだけなのか、

    やはりスタッズと言えば革ジャンのイメージなんですね。

    パンクやロッカーズの方々のイメージ。

    私も星型のスタッズがエポーレットに付いた、

    ショットのワンスターを着ていきっていた頃があります・・・

    いや、お恥ずかしい。




    今では、アウター、ベルト、デニム、もちろん靴にも

    違和感なく付いているスタッズ。

    この年になっても好きで身につけている自分がいます。





    うえだ

      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:47Comments(0)修理レディース修理

    2016年12月05日

    CHANEL





















    こちらは定番のモデルなのでしょうか。

    よくお預かりするデザインです。

    配色や使用している素材などは様々あり、

    こちらの一足は一番シンプルであろうオールブラック。

    紳士靴も婦人靴も、

    黒一色の靴には心惹かれる何かがあります。






    うえだ
      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:54Comments(0)修理レディース修理

    2016年12月01日

    TRICKER'S


























    トリッカーズのカントリーブーツ。

    こちらの一足はシングルレザーソールで横幅も4。

    どことなくスッキリとして見えますよね。

    ご存知の方も多いかと思いますが、

    レディースとして販売されているものはこの仕様なのです。

    足が小さかったり、甲の薄い方なんかは、

    こちらの仕様で探されてみると案外合うサイズが見つかるかもしれません。

    確か私がパターンオーダーをかけた頃は、

    この仕様も頼めたような・・・

    15年程前の話ですが・・・





    うえだ

      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:53Comments(0)修理Trickers

    2016年11月28日

    HERMES























    シンプルなデザインのパンプスなのですが、

    そこはやはりエルメス。

    驚く程なめらかな肌触りのスエードを使用しています。

    それはジョンロブの製品にも通じるところがあります。




    うえだ










      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:28Comments(0)修理レディース修理

    2016年11月27日

    ALDEN





















    オールデンのソックシートに記載されている

    《NEW ENGLAND》の文字。

    先日、社内の一人から質問されました。

    どうゆう意味なのかと・・・

    私は知らないと答えました。

    すると、

    「うえださんに聞いたらわかるとおもったのになぁ」

    とのこと。

    少しイラつき、wikipediaを見てみました。

    ニューイングランドとは、

    アメリカ合衆国北東部6州を合わせた地方名なのだそう。

    その中に含まれるマサチューセッツ州ミドルボロウがオールデンの創業地。

    だからソックシートに印字されてるのでしょうね。

    調べたらすぐに出てくる情報なんだから

    自分で調べようね。




    うえだ




      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 19:49Comments(0)修理Alden

    2016年11月16日

    JOHN LOBB
































    踝あたりまで高さがあるこの手のブーツを

    ジョッパーブーツやジョドファーブーツ、パドックブーツなんて言います。

    乗馬用のズボンであるジョッパーズに由来しており、

    ジョッパーズ着用時用のブーツとゆう意味だそうです。

    ちなみにそのジョッパーズの名前は、

    インドの都市《ジョードプル》に由来しており

    その地域の人々が履いていたズボンからだとか・・・

    へー。




    うえだ  


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 21:40Comments(0)修理John Lobb

    2016年11月14日

    JIMMY CHOO





















    紅葉を連想させるような、

    深いボルドーカラーが印象的な一足。

    起毛素材の質感も相まって、

    デザインはシンプルですが雰囲気抜群。

    1mmハーフラバーを取り付け、

    お出かけの準備は万全ですかね。





    うえだ

      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 18:58Comments(0)修理レディース修理

    2016年11月11日

    EDWARD GREEN





















    つま先に取り付けるスチール、

    こんなのもあります。

    素材は真鍮、ステンレスに比べると減りやすいですが、

    摩耗してきても色は変わりません。

    ただ、サイズが限られる材料なので、

    店頭にて要相談でお願いします。




    うえだ

      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 21:17Comments(0)修理Edward Green

    2016年11月10日

    JOHN LOBB































    むかしむかし、

    ジョンロブにWARWICKとゆうモデルがありました。

    木型は7000番。

    内バネのブラインドブローグで端正な顔立ちだったのですが、

    人気がなかったのか廃番になってしまいました。

    そして年月が経ち、

    超カッコイイ ダービーモデルで復活したのです。

    私、このニュースには震えました。

    本気で購入するかどうか悩みました。

    で、そうこうしているうちに、このモデルも廃番となってしまいました・・・

    欲しいなら迷わず買えってことですね。

    バイリクエストでの復活を切に願います。





    うえだ








      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:25Comments(0)修理John Lobb

    2016年11月07日

    JOHN LOBB




























    ジョンロブのローファー。

    モデル名はアシュレイ。

    私がセレクトショップの店員をしていた頃、

    先輩スタッフがこれを履いているのを見て欲しがっていました。

    懐かしい思い出です。

    一緒にお仕事をさせていただいたのは短い期間だったのですが、

    本当に色々な事を教えていただきました。

    なかなかお会いする機会も無いのですが、

    次回帰省時には顔を出します。

    このブログを見てくださっているかは分かりませんが・・・




    うえだ
      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:27Comments(0)修理John Lobb

    2016年11月06日

    ALDEN





















    履き込んだコードバンの鈍い艶感が渋い

    こちらのオールデン。

    ダイナイトソールに交換と、

    踵の内側(腰裏と呼んでいます)のリペア。

    一足一足アジの出方が全く異なるコードバン。

    とりわけ、愛着を持って履かれている方の多い素材です。




    うえだ


      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:35Comments(0)修理Alden

    2016年11月04日

    RUSSELL MOCCASIN

















    ラッセルモカシンをオールソール。

    今回はビブラム#1010。

    ウエスコなんかでよく使われているのを見ます。

    個人的には好きなソール。




    うえだ
      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 22:06Comments(0)修理

    2016年11月03日

    MAGNANNI


























    マグナーニと言えばオパンケ。

    オパンケと言えばマグナーニ。

    ほんと、オパンケのデザインも増えました。

    縫いますよ、どんなのでも。





    うえだ
      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:44Comments(0)修理

    2016年11月01日

    CROCKETT&JONES































    先月あたりから、オールソール交換のご依頼が増えてきたように感じます。

    今回は高級底材、レンデンバッハのソールとヒールを使用。

    オークバークとゆうレザーなのですが、

    使用できるまでに一年以上の時間をかけて丁寧に鞣されているのです。

    英国の高級紳士靴メーカーでも使用されるクオリティの高さは、

    使ってみる価値有りです。




    うえだ
      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 21:00Comments(0)修理Crockett&Jones