たまりば

  ファッション・美容 ファッション・美容  その他 その他

2017年02月25日

WILD SMITH






















惜しまれながら閉店したロンドンの名店

ワイルドスミス。

既製靴の生産はエドワードグリーンだったかと思います・・・

最近はあまり見かけなくなりましたね。







うえだ
  


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 09:19Comments(0)修理

    2017年02月23日

    Christian Louboutin






















    夏場に素足で履くのはもちろんですが、

    合わせるタイツの柄を透けさせても面白そうな一足。

    何より驚くべきは、ラインストーンの留め方。

    一つ一つ、ちゃんと縫い付けてるのか!?

    すご・・・






    うえだ  


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:00Comments(0)修理レディース修理

    2017年02月22日

    HEINRICH DINKELACKER





















    飾り釘とは・・・

    装飾として、または装飾を兼ねて打つ釘

    と、辞書にはあります。

    実際、装飾の意味合いが強いので、

    あっても無くても、最終的にはお客様の好みです。

    そんな風にご案内するケースも少なくないです。

    しかし、この飾り釘の打ち方で個性を出しているメーカーもあり、

    そういった靴に関しては打った方がいいのかなと思ったりもするのです。

    今回承ったディンケラッカーのように。

    雰囲気は出来る限り近づけられるよう努力します。





    うえだ
      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 21:16Comments(0)修理

    2017年02月21日

    VALENTINO





















    今から20年近く前、

    私はウルフズヘッドのスタッズベルトが欲しくてたまりませんでした。

    その後、HTCにはまった時期もありました。

    華美な装飾に惹かれるのでしょうか。

    靴に関しても然り。





    うえだ
      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 09:26Comments(0)修理レディース修理

    2017年02月17日

    FRANCHESCO BENIGNO











    イタリア、ナポリのブランドFRANCHESCO BENIGNO。

    イタリアのメーカーらしく色彩感覚豊かな靴が多いように感じます。

    自社で一貫して作成されているらしく、比較的手が出しやすい?価格のものも多いかと。

    今回は耐久度、グリップ性能に定評のあるウロコ目のタイプでハーフラバーのご修理です!

    滑りや摩耗など気になるようでしたら1度ご相談ください。

    明日もご来店をお待ちしております


    眞鍋
      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 21:42Comments(0)修理

    2017年02月16日

    AUTHENTIC SHOE&Co



























    竹ケ原敏之介氏のプライベートブランド、

    オーセンティックシュー&コー。

    その独特の雰囲気は直営店の空気感にも現れています。

    今回は、つま先のスチールとヒールのリペアを。





    うえだ


      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:47Comments(0)修理

    2017年02月15日

    オールソール










    今回はオールソールさせていただきました!

    当店でよく出る部材vibram2055ソールです。

    いわゆるダイナイトタイプ(ソールにドットがあるタイプ)です。
    主な特徴は耐久性の良さですね、ゴム質が硬いとという事もなくどちらかというと粘りの有るタイプなので
    履き心地はソフトな感覚です。
    ダイナイトソールはドットで地面を捉えるのに対して2055はソール全体で地面を捉える感覚です。

    ビジネスマンの方を中心に支持のある部材の一つになります!

    vibram2055 ¥10,000+TAX


    本日もご来店を心よりお待ちしております。


    まなべ


      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 10:50Comments(0)修理

    2017年02月14日

    CHURCHS


















    なんとなくですが、

    スエード素材のチャーチってあまり見ないような気がします。

    ほんと、なんとなくですけどね。

    フェアフィールド以外ではあまり見ないように感じるのです。

    それだけです。






    うえだ  


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 22:08Comments(0)修理Churchs

    2017年01月31日

    LOUIS LEEMAN





































    今まで、色々な靴に足を通してきました。

    クラシック、モード、トラッド、カジュアル・・・

    同じメーカーのものでも、木型によっては足に合ったり合わなかったり。

    同じデザインのものでも、素材によって足への馴染みが良かったり良くなかったり。

    勿論、履いてみて初めて知ることも多くありました。


    そして、色々履いた結果、

    気に入ったメーカーの気に入った木型に落ち着き、

    最終的にはオーダーで都度木型をアップデートしていただきながら、

    新調していければいいかなと思っていました。






    ・・・

    ・・・した?



    ドレスシューズに関しては今もそう考えています。

    ただ、ルイリーマンだけは私の中で特別な存在となりました。

    新しいコレクションは見るたびにワクワクさせてくれます。

    自宅の靴棚に並んでいるのを見ると、

    休日、出かける前のテンションも上がります。






    今回入手したものは、少し前のモデルです。

    発売当時には購入出来なかったのですが、

    縁合って手に入れる事が出来ました。

    最高です。




















    この靴達も履くのは休日のみになりそうなので、

    どちらもハーフラバーを貼りました。

    こんなに目立つ靴を履いて歩いている時に滑ったりしたら様になりませんから・・・







    うえだ

      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 21:23Comments(0)修理

    2017年01月12日

    Le Yucca's
































    《レ ユッカス》と読みます。

    イタリアを拠点として活躍する日本人シューデザイナー、

    村瀬由香さんが展開するこちらのブランド。

    その靴作りを担っているのが、エンツォ・ボナフェ。

    日本でもお馴染みの名門ファクトリーです。

    元々レディースから始まったブランドらしく、

    画像のUチップシューズも、

    ウエスト部分のクビレや高めのヒールなど女性的な雰囲気。

    ボナフェ、いい仕事してます。

    毎シーズン、新作のデザインが楽しみなブランドの一つ。






    うえだ  


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 21:14Comments(0)修理レディース修理

    2017年01月10日

    SARTORE


























    乗馬ブーツをイメージソースにデザインされたロングブーツが有名なサルトル。

    毎年、修理に持ち込まれる方も多く、

    人気の衰えない一足です。

    元々それ以外のデザインも多数有るのですが、

    私がプライベートでパリの直営店を訪れた時には、

    『なぜ日本人はコレ(上で書いたロングブーツ)ばかり欲しがるんだ』

    と、店員から質問されたほど人気なようです。



    今回お預けいただいたのはショートタイプ。

    件のロングブーツ以外はデザインの凝った物も多く、

    こちらも足首部分を覆うストラップ風のレザーが、

    同色のエナメルで切り替えられています。

    シャレオツ。





    うえだ

      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:05Comments(0)修理レディース修理

    2017年01月07日

    ALDEN





















    一時期に比べると落ち着いた感のあるこちらの仕様。

    それでもリピートされる方は多く、

    定番のメニューとして定着しています。

    つま先の減りは、靴を履いてて一番気になるところ。

    そのストレスが軽減されるのは少し嬉しいかもしれません。





    うえだ  


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:58Comments(0)修理Alden

    2016年12月19日

    CHANEL





    ピントの合っていない状態でシャッターを切ってしまいました・・・



































    近くで見るとチェーンでの装飾。

    老舗の力を感じます。

    ピントの合っていない写真でも、

    なんだか雰囲気良く見えて・・・はこないか。







    うえだ
      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:44Comments(0)修理レディース修理

    2016年12月14日

    TRICKER'S



























    コマンドソールとはまた違った趣きの仕上げ。

    ビブラム#100でのオールソール交換。

    仕上げるのも大変でした・・・

    作業してても削れにくいんですよ、

    この材料・・・






    うえだ  


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:19Comments(0)修理Trickers

    2016年12月09日

    GUCCI


























    アレッサンドロ・ミケーレ氏のディレクションするグッチは、

    なんだか見ていて楽しい。

    ボキャブラリーの乏しさがばれてしまいますが、

    なんだか楽しい。

    グッチでこんなデザインが!

    ってのが見られるからかもしれません。



    先日、銀座のドーバーストリートマーケットに行ってきました。

    この秋冬からグッチのスペースが拡充され、

    そこには本国のショールームと同じく真っ赤な絨毯が敷かれており、

    踏み込むのも少し躊躇してしまうような雰囲気を醸しておりました。

    銀座までお越しの際には是非ご覧になられてみてください。

    個人的には好きなお店です。





    うえだ  


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 19:27Comments(0)修理レディース修理

    2016年12月08日

    VALENTINO






















    レディースのお靴でもよく見かけるディテールとなりました。

    ピラミッド型のスタッズ。

    私が古いだけなのか、

    やはりスタッズと言えば革ジャンのイメージなんですね。

    パンクやロッカーズの方々のイメージ。

    私も星型のスタッズがエポーレットに付いた、

    ショットのワンスターを着ていきっていた頃があります・・・

    いや、お恥ずかしい。




    今では、アウター、ベルト、デニム、もちろん靴にも

    違和感なく付いているスタッズ。

    この年になっても好きで身につけている自分がいます。





    うえだ

      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:47Comments(0)修理レディース修理

    2016年12月05日

    CHANEL





















    こちらは定番のモデルなのでしょうか。

    よくお預かりするデザインです。

    配色や使用している素材などは様々あり、

    こちらの一足は一番シンプルであろうオールブラック。

    紳士靴も婦人靴も、

    黒一色の靴には心惹かれる何かがあります。






    うえだ
      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:54Comments(0)修理レディース修理

    2016年12月01日

    TRICKER'S


























    トリッカーズのカントリーブーツ。

    こちらの一足はシングルレザーソールで横幅も4。

    どことなくスッキリとして見えますよね。

    ご存知の方も多いかと思いますが、

    レディースとして販売されているものはこの仕様なのです。

    足が小さかったり、甲の薄い方なんかは、

    こちらの仕様で探されてみると案外合うサイズが見つかるかもしれません。

    確か私がパターンオーダーをかけた頃は、

    この仕様も頼めたような・・・

    15年程前の話ですが・・・





    うえだ

      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:53Comments(0)修理Trickers

    2016年11月28日

    HERMES























    シンプルなデザインのパンプスなのですが、

    そこはやはりエルメス。

    驚く程なめらかな肌触りのスエードを使用しています。

    それはジョンロブの製品にも通じるところがあります。




    うえだ










      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:28Comments(0)修理レディース修理

    2016年11月27日

    ALDEN





















    オールデンのソックシートに記載されている

    《NEW ENGLAND》の文字。

    先日、社内の一人から質問されました。

    どうゆう意味なのかと・・・

    私は知らないと答えました。

    すると、

    「うえださんに聞いたらわかるとおもったのになぁ」

    とのこと。

    少しイラつき、wikipediaを見てみました。

    ニューイングランドとは、

    アメリカ合衆国北東部6州を合わせた地方名なのだそう。

    その中に含まれるマサチューセッツ州ミドルボロウがオールデンの創業地。

    だからソックシートに印字されてるのでしょうね。

    調べたらすぐに出てくる情報なんだから

    自分で調べようね。




    うえだ




      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 19:49Comments(0)修理Alden