たまりば

  ファッション・美容 ファッション・美容  その他 その他

2017年01月12日

Le Yucca's
































《レ ユッカス》と読みます。

イタリアを拠点として活躍する日本人シューデザイナー、

村瀬由香さんが展開するこちらのブランド。

その靴作りを担っているのが、エンツォ・ボナフェ。

日本でもお馴染みの名門ファクトリーです。

元々レディースから始まったブランドらしく、

画像のUチップシューズも、

ウエスト部分のクビレや高めのヒールなど女性的な雰囲気。

ボナフェ、いい仕事してます。

毎シーズン、新作のデザインが楽しみなブランドの一つ。






うえだ  


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 21:14Comments(0)レディース修理

    2017年01月10日

    SARTORE


























    乗馬ブーツをイメージソースにデザインされたロングブーツが有名なサルトル。

    毎年、修理に持ち込まれる方も多く、

    人気の衰えない一足です。

    元々それ以外のデザインも多数有るのですが、

    私がプライベートでパリの直営店を訪れた時には、

    『なぜ日本人はコレ(上で書いたロングブーツ)ばかり欲しがるんだ』

    と、店員から質問されたほど人気なようです。



    今回お預けいただいたのはショートタイプ。

    件のロングブーツ以外はデザインの凝った物も多く、

    こちらも足首部分を覆うストラップ風のレザーが、

    同色のエナメルで切り替えられています。

    シャレオツ。





    うえだ

      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:05Comments(0)レディース修理

    2016年12月19日

    CHANEL





    ピントの合っていない状態でシャッターを切ってしまいました・・・



































    近くで見るとチェーンでの装飾。

    老舗の力を感じます。

    ピントの合っていない写真でも、

    なんだか雰囲気良く見えて・・・はこないか。







    うえだ
      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:44Comments(0)レディース修理

    2016年12月09日

    GUCCI


























    アレッサンドロ・ミケーレ氏のディレクションするグッチは、

    なんだか見ていて楽しい。

    ボキャブラリーの乏しさがばれてしまいますが、

    なんだか楽しい。

    グッチでこんなデザインが!

    ってのが見られるからかもしれません。



    先日、銀座のドーバーストリートマーケットに行ってきました。

    この秋冬からグッチのスペースが拡充され、

    そこには本国のショールームと同じく真っ赤な絨毯が敷かれており、

    踏み込むのも少し躊躇してしまうような雰囲気を醸しておりました。

    銀座までお越しの際には是非ご覧になられてみてください。

    個人的には好きなお店です。





    うえだ  


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 19:27Comments(0)レディース修理

    2016年12月08日

    VALENTINO






















    レディースのお靴でもよく見かけるディテールとなりました。

    ピラミッド型のスタッズ。

    私が古いだけなのか、

    やはりスタッズと言えば革ジャンのイメージなんですね。

    パンクやロッカーズの方々のイメージ。

    私も星型のスタッズがエポーレットに付いた、

    ショットのワンスターを着ていきっていた頃があります・・・

    いや、お恥ずかしい。




    今では、アウター、ベルト、デニム、もちろん靴にも

    違和感なく付いているスタッズ。

    この年になっても好きで身につけている自分がいます。





    うえだ

      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:47Comments(0)レディース修理

    2016年12月05日

    CHANEL





















    こちらは定番のモデルなのでしょうか。

    よくお預かりするデザインです。

    配色や使用している素材などは様々あり、

    こちらの一足は一番シンプルであろうオールブラック。

    紳士靴も婦人靴も、

    黒一色の靴には心惹かれる何かがあります。






    うえだ
      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:54Comments(0)レディース修理

    2016年11月28日

    HERMES























    シンプルなデザインのパンプスなのですが、

    そこはやはりエルメス。

    驚く程なめらかな肌触りのスエードを使用しています。

    それはジョンロブの製品にも通じるところがあります。




    うえだ










      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:28Comments(0)レディース修理

    2016年11月14日

    JIMMY CHOO





















    紅葉を連想させるような、

    深いボルドーカラーが印象的な一足。

    起毛素材の質感も相まって、

    デザインはシンプルですが雰囲気抜群。

    1mmハーフラバーを取り付け、

    お出かけの準備は万全ですかね。





    うえだ

      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 18:58Comments(0)レディース修理

    2016年10月30日

    GIANVITO ROSSI





















    ブーツの承りも増えてきました。

    そろそろシーズン到来ですかね。

    こちらのようにシンプルなデザインほど、

    購入を躊躇してしまったり・・・

    きちんと自分の足に合った一足をチョイスしたいものです。



    うえだ









      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 18:22Comments(0)レディース修理

    2016年10月19日

    Vibram HEELY ピンリフト






    女性用のピンリフトになります。

    従来の物より耐久性も良く、歩行時のノイズも抑えられるという特徴が魅力です。

    履かれている靴でも約5分~10分ぐらいでお渡しできます。(混雑状況によりお時間頂く場合もございます。)


    男性の私には具体的にどのように良いのか!?ということは実感ができないので100パーセントお伝えすることは難しいですが。

    リピート率が非常に多いことから多くのお客様にご支持頂いている部材の一つです。

    直径1cm程のカカトで体重やバッグを支えるのですから非常に重要な部分です。

    ご修理抜かりなく!

    明日もご来店を心よりお待ちしております。



    まなべ

      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 22:34Comments(0)レディース修理

    2016年10月09日

    ソールの薄い靴には。。







    ソールの薄い靴にはVibram7373 1mmハーフラバーが相性が良いです。

    フォルム崩さずにご使用頂ける点が一番の利点ではないでしょうか!?

    上記の画像で見るとゴム層が厚くならずに元と同じ雰囲気に近いような形です。

    薄いソールに厚物を付けるとクッション性は出るかと思いますが、

    稀にゴムの反発力によってソールごと剥がれてしまうケースもあります

    靴の状態を見て合う物を一緒に見つけましょう。


    明日もご来店を心よりお待ちしております。


    まなべ

      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 19:22Comments(0)レディース修理

    2016年10月01日

    Alexander McQUEEN






































    ファッションデザイナーとしては他者と違った道を歩み、

    独自の世界観を世に見せつけた早逝の天才・・・

    アレキサンダー・マックイーン

    20代前半の頃、一番憧れたブランドでした。

    当時好きだった女性が、好んで着てたんだよなぁ・・・

    そんな事を思い出しながら作業をしてみたり。





    うえだ



      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:36Comments(0)レディース修理

    2016年09月18日

    FABIO RUSCONI







    FABIO RUSCONIのソールにVibram7373 1mmハーフラバーでのご修理です!

    最近、見る機会が本当に多くなったFABIO RUSCONIですが、私自身ハイヒールが代表的なモデルに
    なるのかと思っていたのですが、ラバーシューズやロングブーツなどもありラインナップが非常に幅広いんですね。
    デザインも洗練されているのが人気の秘訣なのかな~と感じます。。


    余談ですが、こち亀が今週で終わってしまうんですね、舞台が実家から近いとあって勝手に親近感をかんじておりました、
    いざ終わるとなる結構寂しいものですね。

    まなべ  


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 21:38Comments(0)レディース修理

    2016年09月17日

    Nicholas Kirkwood






































    この頃よく見かけるようになりました、

    ニコラス・カークウッド。

    気になったので少し調べてみる。

    ブランドの始まりは2005年、ロンドンにて。

    彫刻的、幾何学的なフォルムで、

    独特なシルエットのヒールとプラットフォームソールが特徴とあります。

    確かに・・・

    ヒール交換のご依頼がきたらどうしようか悩む形状です。

    ユナイテッドヌードを初めて見た時も驚きましたが、

    それに通ずる思いがあります。





    うえだ

      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:50Comments(0)レディース修理

    2016年09月15日

    MANOLO BLAHNIK


























    女性が憧れるブランドの一つ、

    マノロ・ブラニク。

    ヒールの高いデザイン性に特化したものから、

    こちらの一足のようにシンプルなものまで。

    幅広い展開も魅力の一つでしょうか。

    映画の劇中で主人公がこよなく愛したブランドとしても有名です。


    さて、滑り止めにハーフラバーをご用命いただく機会は

    こちらのブランドに限らずもちろん多くあるのですが、

    皆さん悩まれるのが何色を貼るか。


    最終的にはお客様のお好みで・・・となるのですが、

    大体はサイドの色に合わせるか、

    底の色に合わせるか。


    やはり、お客様のお好みで・・・となってしまいます。


    この度は、底面の色に合わせたパターン。

    その際、サイドは着色します。





    うえだ



      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:16Comments(0)レディース修理

    2016年09月14日

    TANINO CRISCI











    エレガントなフォルムには1mm厚の薄めのハーフラバーが合いますね。

    惜しまれつつ無くなってしまったTANINOCRISCIですが今だに多くのファンを抱えるブランドです。

    綺麗なフォルムの上に抜群の履きやすさ、男性の私からみてもすごくに素敵なくつだな~と感じる一足です。




    まなべ  


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 21:35Comments(0)レディース修理

    2016年09月12日

    REGAL









































    ローヒールのパンプスやフラットシューズ、バレエシューズ、

    『オジグツ』と呼ばれるメンズライクなテイストも人気の昨今。

    遂に、我が妻も購入に至りました。

    リーガルのキルト・タッセルローファー(?)

    いろんなデザインのオイシイとこどりのような一足。

    レディースのサイズ感にこれだけのディテールが凝縮されていると

    『こうゆうものなのかな・・・』

    と思ったりもします。





    うえだ

      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:18Comments(0)レディース修理

    2016年08月27日

    Christian Louboutin










































    毎シーズン、想像のつかないデザインを発表し驚きを与えてくれる

    クリスチャン・ルブタン。

    華美な装飾に、ルブタンの定番モチーフであるスタッズでスパイスを効かせた一足。

    ショーの演出をしたり、

    化粧品を発表したり、

    今後の動向が気になるブランドの一つです。





    うえだ






      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 19:22Comments(0)レディース修理

    2016年08月18日

    インソールの作成。


    こんばんは!銀座三越5階シューケア&リペアコーナーです。

    本日はこちらの御修理です!

    意外と見落としがちな修理箇所と言えば腰裏や中敷の修理が多いです。

    このような形で擦り切れてしまう事も、、、

    そんな時はインソール作成でご依頼頂けると

    このように近い色味の革をきりだして作成させて頂きます。

    ご興味のある方はぜひご相談下さい。





    まなべ  


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 22:26Comments(0)レディース修理

    2016年08月16日

    Maison Martin Margiela









































    メゾン・マルジェラのアイコンでもあるカレンダータグ。

    それぞれの番号が意味するのは、



    0-手仕事によりフォルムを作り直した女性のための服

    0 10-手仕事によりフォルムを作り直した男性のための服

    1-女性のためのコレクション(ラベルは無地で白)

    4-女性のためのワードローブ

    3-フレグランスのコレクション

    8-アイウェアのコレクション

    10-男性のためのコレクション

    14-男性のためのワードローブ

    11-女性と男性のためのアクセサリーコレクション

    12-ファインジュエリーのコレクション

    13-オブジェ、または出版物

    22-女性と男性のための靴のコレクション

    MM6-♀のための服





    デザインの方向性としては《反モード》。

    軍服のリメイク品や中古ジーンズに白ペンキのペイント等の作品は

    《ポペリズム(貧困者風)》と呼ばれた。

    優雅で煌びやかな雰囲気を持つモードとは対極のコレクションとして

    《デストロイコレクション》とも呼ばれ、以降マルジェラの代名詞となる。




    ・・・とあります。

    貧困者風とは言え、かなり頑張って購入したような気がしますが。





    うえだ

      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 19:11Comments(0)レディース修理