たまりば

  ファッション・美容 ファッション・美容  その他 その他

2016年07月26日

CARMINA

いつも銀座三越シューズ&バックリペアコーナーをご利用いただきありがとうございます。


本日はラバーオールソールの定番、ダイナイトソールのご紹介です。




























ダイナイトソールは様々な主要メーカーが製品として採用しており


厚みも革底に近く、横からの見た目を崩さずに付けることができます。


また、雨の日ももちろん大活躍。


革底ですとどうしても濡れてしまったり底にカビが生えたりし


なかなか雨の日に履く気にはなれませんがラバーソールはその問題なし。






ダイナイトオールソール ¥14,000+税




オニヅカ  


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 18:36Comments(0)

    2016年07月25日

    Salvatore Ferragamo































    様々な世代のお客様がお持ちになるブランド、フェラガモ。

    流行り廃りの無いスタイル、

    カラーやマテリアルの豊富なバリエーション、

    飽きのこないデザイン・・・

    フェラガモの靴も見ない日はないのではないでしょうか。

    1mmハーフラバーでソールの補強を。



    うえだ









      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 21:07Comments(0)修理レディース修理

    2016年07月24日

    GUCCI































    グッチがビットモカシンを初めて世に出したのは1953年。

    同社のレディースのハンドバッグに付けられだした金属飾りを、

    メンズでは靴の飾りとして取り入れたとの事。



    個人的には、映画『クレイマー・クレイマー』の劇中にて、

    ダスティン・ホフマンの演じる主人公がブラックカーフのビットローファーを

    色々な服装で履きこなしているのが印象的でした。

    こんな洒落た父親になりたいものです。




    うえだ
      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 21:12Comments(0)修理メンズ修理

    2016年07月23日

    EDWARD GREEN































    エドワードグリーン  ウエストミンスター

    グリーンでダブルモンクと言えばこれですかね。

    ラストナンバーは888、

    セミスクエアトウで少しクラシックな顔つき。

    トライアンフスチールをつま先に施し、

    履きおろしの準備は万端。





    うえだ

      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 21:33Comments(0)修理メンズ修理Edward Green

    2016年07月22日

    WOLVERINE































    ウルバリン、1000マイルブーツ

    標準仕様のオイルレザーソールは摩耗にも強く、反りも申し分なし・・・

    なのですが、

    ハーフラバーを貼り付けたりといった加工には少し不向きな点も。

    弊社ではオイルレザーソール用の表面処理剤を使用して作業にあたります。

    他店で断られてしまったりといったお話も耳にします・・・

    お悩みの方は是非ご相談ください。




    うえだ







      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 18:28Comments(0)修理メンズ修理Wolverine

    2016年07月21日

    EATONSOLEでのオールソール。

    いつも銀座三越シューズ&バックリペアコーナーをご利用いただきありがとうございます。

    本日はこちらの御修理です。












    EATON SOLE (ワイン) ¥14.000ー

    夏になると気分も上がるせいか色味のあるものを使用したくなりますね。

    スニーカーを履く感覚でオールソールと言った所でしょうか!?

    色も種類が多いのでこれだと思う色があればご相談ください。



    まなべ







      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 22:05Comments(0)

    2016年07月20日

    Saint Laurent .

    こんばんは!

    いつもシューズ&リペアバッグコーナーをご利用頂き誠にありがとうございます!

    本日の修理はこちらです。











    EXハーフラバー ¥2.200- (レディースサイズ)

    EXトップリフト   ¥2.200-(レディースサイズ)


    性能としては耐久力もありますし何よりグリップがかなり良いので。

    個人的に好きな部材です。

    無骨なデザインも意外や意外わりとすんなり馴染んでくれますよ!




    まなべ
      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 21:55Comments(0)レディース修理

    2016年07月19日

    J.M.WESTON

    いつも銀座三越シューズ&バックリペアコーナーをご利用いただきありがとうございます!


    本日はソールではなくライニングの修理のご紹介です。





    履いたときに実際にかかとが当たる部分。


    擦れてくると穴があいたり、放置しておくと中に入っている芯が破損し


    靴ズレの原因となります。


    そんなときはこうしちゃいます。






    革を張り付けるのですが端を薄くすいて足あたりが出ないようにします。





































    腰裏両足 ¥3,200+税




    オニヅカ









      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 18:28Comments(0)

    2016年07月18日

    Christian Louboutin

    クリスチャンルブタンは真っ赤なソールがトレードマーク。


    エレガントで上品なデザインは、より女性らしい足元に演出してくれます。












    もうすっかりお馴染みですよね?


    1ミリのハーフラバー。










    横からの見た目もごく自然に仕上がります。





    もちろん貼り付けのスタート部分も段差なく。







    1ミリハーフラバー ¥2,800円+税

    お渡し時間  最短20分





    オニヅカ







      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:15Comments(0)

    2016年07月17日

    STEFANO BEMER


























    オーソドックスなブラックのスエードシューズ。

    そんな一足だからこそ、

    作り込みの善さやディテールの凝り具合等にハッとさせられる事がある。

    こちらの一足だとライニングのパープル。

    脱いだ際の、周囲の反応が楽しみですね。







    うえだ



      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 19:02Comments(0)修理メンズ修理

    2016年07月16日

    EDWARD GREEN





















    エドワードグリーンでもマッケイ製法の靴が出たんですね。

    アンラインドローファーで、履き心地も良さそう。

    ハーフラバーで滑り難く。



    うえだ





      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 21:19Comments(0)修理メンズ修理Edward Green

    2016年07月15日

    CHEANEY


























    底周りのがっしりとした靴には、やはり栄えます。

    ハーフラバー+スチールの組み合わせ。

    色々なブランドのOEMも請け負うチーニー。

    老舗のメーカーではありますが、

    近年また違った魅力に溢れるメーカーのように感じます。




    うえだ







      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:08Comments(0)修理メンズ修理

    2016年07月14日

    Maison Martin Margiela






















    マルジェラのタビブーツ。

    一時期あまり見かけなくなりましたが、

    最近またよく承ります。

    先が二股になった独特なデザインでも

    ハーフラバーの作業は問題ありません。

    きちんと、カレンダータグに被らないように仕上げます。

    そのあたりは心得ているつもりです。





    うえだ



      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 19:37Comments(0)修理レディース修理

    2016年07月13日

    営業時間変更のお知らせ






    朝から同じ靴ばかり作業しておりました。

    同じ靴がこれだけの数並んでいると圧巻です。




    さて、三越伊勢丹では本日よりクリアランスセールがスタートしました。

    それに伴い営業時間の変更があるため、

    この場を借りてご連絡させていただきます。




    7月13日(水) ~ 7月17日(日)

    営業時間 10:30 ~ 20:30

    ※閉店時間が普段より30分遅くなります。



    お仕事帰りなどにも立ち寄りやすいのではないでしょうか。

    併せて、リペアコーナーへのご来店も心よりお待ち致しております。



    私はもう購入予定品を決めました。

    3足・・・








    うえだ












      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 19:02Comments(0)お知らせ修理

    2016年07月12日

    CHURCHS






















    元は生ゴムソールがついていた靴に、

    ビブラム#2870ソールを。

    どの素材でも長く使えば多かれ少なかれ劣化はします。

    経験のある方もいらっしゃるかと思いますが、

    生ゴムのそれはべとついたり、滑りやすくなったり、形が崩れたり・・・

    この度は心機一転、ラバーで交換。




    うえだ





      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 19:03Comments(0)修理メンズ修理Churchs

    2016年07月11日

    Christian Louboutin

    クリスチャン・ルブタン


    1964年1月7日、家具職人の父親と専業主婦の母親のもとでフランスのパリに生まれました。


    1979年にパリの街角を歩いていた折、国立アフリカ・オセアニア美術館の前で


    観光客の女性に木製の床を傷つけないように注意する看板に気が付いたそうです。


    この看板が気になり、バックルで締め付け底がついた靴をデザインし始め


    10代の頃にこのタイプの靴の絵ばかり学校のノートに描いて長時間過ごしたことを認めている。


    このラインの靴が後日デザイナーとしてのセールスポイントとなったそう。








































    最近のルブタンといえばスパイクシリーズって感じがしますが



    こちらのサンダルのデザインもcute!


    クレオパトラが履いてそうな感じでしょうか。



    ハーフラバー ¥2,800+税


    所要時間 最短20分


    オニヅカ






      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 17:36Comments(0)

    2016年07月11日

    Christian Louboutin

    さあさあ、今日もルブタンですよ。




































    デザインをあまり変えたくない!というお客様もご安心ください。


    1ミリのラバーなので横からの見た目もごく自然に仕上がります。


    ハーフラバー ¥2,800+税




    オニヅカ





      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 17:22Comments(0)

    2016年07月10日

    Christian Louboutin

    最近本当に良くルブタンの靴をお見かけします。

    ブーム再燃といったところでしょうか。

    単に弊社から離れていただけでしょうか・・・

































    ヒールは細く、高く、

    凛とした佇まい。

    ビブラムハーフラバー1mmタイプで見た目も損なわず。




    うえだ
      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:54Comments(0)修理レディース修理

    2016年07月09日

    GAZIANO&GIRLING
















    元来はビスポークならではの意匠だったと言われるサイドエラスティック。

    現代では、いろいろなメーカーから販売されています。

    なんと言っても脱ぎ履きのしやすさが特徴ですかね。

    あと、ローファーやスリッポンよりお堅く見える。





    うえだ



      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 19:17Comments(0)修理メンズ修理

    2016年07月08日

    ペリーコ

    いつも銀座三越シューズ&バックリペアコーナーをご利用いただきありがとうございます!!






    ペリーコのスエードパンプス。



    少し厚みのあるプレーンハーフラバー(ベージュ色)ですが

    ソールの断面との色合いが馴染んでいて

    自然な仕上がりですね。












    ただ今、リッシュでは一緒に働く仲間を募集しております。


    【職種】
    靴修理

    【業務内容】
    靴修理
    受付
    店舗管理

    【応募要件】
    ・RESH.の理念
    「靴を修理して履く文化を創る」を共感できる方
    ・靴修理において日本一のプロ集団を作るため
    既存スタッフと共に向上心をもって切磋琢磨していただける方

    【歓迎要件】
    ・元気で明るい方
    ・靴修理経験のある方

    【勤務時間】
    入居予定施設の営業時間に準じます。
    (8:00~22:30、シフトによる交代制)

    【勤務地】
    東京、大阪、名古屋、仙台、広島、新潟
    ※大阪にて研修があります。

    【休日】
    月7日、夏期休暇・冬期休暇あり

    【待遇】
    各種保険完備、交通費全額支給

    【給与】
    給与18万以上(研修期間有3ヶ月)
    ※経験により応相談


    《応募方法》
    メールにて受付させて頂きます。
    担当の 榊 宛にメールを頂き、
    メールを確認後、随時連絡させて頂きます。
    メールアドレス⇒kutsuasakusa@gmail.com



      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 10:03Comments(0)