たまりば

  ファッション・美容 ファッション・美容  その他 その他

2016年12月05日

12月5日の記事





















こちらは定番のモデルなのでしょうか。

よくお預かりするデザインです。

配色や使用している素材などは様々あり、

こちらの一足は一番シンプルであろうオールブラック。

紳士靴も婦人靴も、

黒一色の靴には心惹かれる何かがあります。






うえだ
  


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:54Comments(0)

    2016年12月01日

    TRICKER'S


























    トリッカーズのカントリーブーツ。

    こちらの一足はシングルレザーソールで横幅も4。

    どことなくスッキリとして見えますよね。

    ご存知の方も多いかと思いますが、

    レディースとして販売されているものはこの仕様なのです。

    足が小さかったり、甲の薄い方なんかは、

    こちらの仕様で探されてみると案外合うサイズが見つかるかもしれません。

    確か私がパターンオーダーをかけた頃は、

    この仕様も頼めたような・・・

    15年程前の話ですが・・・





    うえだ

      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:53Comments(0)修理Trickers

    2016年11月28日

    HERMES























    シンプルなデザインのパンプスなのですが、

    そこはやはりエルメス。

    驚く程なめらかな肌触りのスエードを使用しています。

    それはジョンロブの製品にも通じるところがあります。




    うえだ










      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:28Comments(0)修理レディース修理

    2016年11月27日

    ALDEN





















    オールデンのソックシートに記載されている

    《NEW ENGLAND》の文字。

    先日、社内の一人から質問されました。

    どうゆう意味なのかと・・・

    私は知らないと答えました。

    すると、

    「うえださんに聞いたらわかるとおもったのになぁ」

    とのこと。

    少しイラつき、wikipediaを見てみました。

    ニューイングランドとは、

    アメリカ合衆国北東部6州を合わせた地方名なのだそう。

    その中に含まれるマサチューセッツ州ミドルボロウがオールデンの創業地。

    だからソックシートに印字されてるのでしょうね。

    調べたらすぐに出てくる情報なんだから

    自分で調べようね。




    うえだ




      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 19:49Comments(0)修理メンズ修理Alden

    2016年11月16日

    JOHN LOBB
































    踝あたりまで高さがあるこの手のブーツを

    ジョッパーブーツやジョドファーブーツ、パドックブーツなんて言います。

    乗馬用のズボンであるジョッパーズに由来しており、

    ジョッパーズ着用時用のブーツとゆう意味だそうです。

    ちなみにそのジョッパーズの名前は、

    インドの都市《ジョードプル》に由来しており

    その地域の人々が履いていたズボンからだとか・・・

    へー。




    うえだ  


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 21:40Comments(0)修理メンズ修理John Lobb

    2016年11月14日

    JIMMY CHOO





















    紅葉を連想させるような、

    深いボルドーカラーが印象的な一足。

    起毛素材の質感も相まって、

    デザインはシンプルですが雰囲気抜群。

    1mmハーフラバーを取り付け、

    お出かけの準備は万全ですかね。





    うえだ

      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 18:58Comments(0)修理レディース修理

    2016年11月11日

    EDWARD GREEN





















    つま先に取り付けるスチール、

    こんなのもあります。

    素材は真鍮、ステンレスに比べると減りやすいですが、

    摩耗してきても色は変わりません。

    ただ、サイズが限られる材料なので、

    店頭にて要相談でお願いします。




    うえだ

      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 21:17Comments(0)修理メンズ修理Edward Green

    2016年11月10日

    JOHN LOBB































    むかしむかし、

    ジョンロブにWARWICKとゆうモデルがありました。

    木型は7000番。

    内バネのブラインドブローグで端正な顔立ちだったのですが、

    人気がなかったのか廃番になってしまいました。

    そして年月が経ち、

    超カッコイイ ダービーモデルで復活したのです。

    私、このニュースには震えました。

    本気で購入するかどうか悩みました。

    で、そうこうしているうちに、このモデルも廃番となってしまいました・・・

    欲しいなら迷わず買えってことですね。

    バイリクエストでの復活を切に願います。





    うえだ








      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:25Comments(0)修理メンズ修理John Lobb

    2016年11月09日

    靴博































    5階でエスカレーターを降りてすぐ、

    紳士靴売り場前で靴博なるものを催しております。

    色々なメーカーや人、業者さんとの禁断のコラボレーションがテーマ。

    個人的に興味をそそられたのが、

    最後に載せている画像のビブリオテック。

    懐かしのTo&Coじゃないですか。

    この企画のためだけに復活したそうです。

    こうゆうのを見ると楽しくなる。

    そして、やっぱりあの時に購入しておけば良かったとも思う。

    明日の記事もそんな話・・・




    うえだ  


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 21:22Comments(0)お知らせ

    2016年11月08日

    山陽山長。








    日本製の真面目という一言を表したような靴、作りも本当にしっかり綺麗です。

    イギリス、イタリア、日本、アメリカなど靴で国民性がなんとなーく分かってしまうのも面白いところ、、

    色んな、国のメーカーの靴を履くのも新たな発見があるので凄く楽しいです。

    明日もご来店を心よりお待ちしております。


    まなべ  


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 21:50Comments(0)メンズ修理

    2016年11月07日

    JOHN LOBB




























    ジョンロブのローファー。

    モデル名はアシュレイ。

    私がセレクトショップの店員をしていた頃、

    先輩スタッフがこれを履いているのを見て欲しがっていました。

    懐かしい思い出です。

    一緒にお仕事をさせていただいたのは短い期間だったのですが、

    本当に色々な事を教えていただきました。

    なかなかお会いする機会も無いのですが、

    次回帰省時には顔を出します。

    このブログを見てくださっているかは分かりませんが・・・




    うえだ
      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:27Comments(0)修理メンズ修理John Lobb

    2016年11月06日

    ALDEN





















    履き込んだコードバンの鈍い艶感が渋い

    こちらのオールデン。

    ダイナイトソールに交換と、

    踵の内側(腰裏と呼んでいます)のリペア。

    一足一足アジの出方が全く異なるコードバン。

    とりわけ、愛着を持って履かれている方の多い素材です。




    うえだ


      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:35Comments(0)修理メンズ修理Alden

    2016年11月04日

    RUSSELL MOCCASIN

















    ラッセルモカシンをオールソール。

    今回はビブラム#1010。

    ウエスコなんかでよく使われているのを見ます。

    個人的には好きなソール。




    うえだ
      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 22:06Comments(0)修理メンズ修理

    2016年11月03日

    MAGNANNI


























    マグナーニと言えばオパンケ。

    オパンケと言えばマグナーニ。

    ほんと、オパンケのデザインも増えました。

    縫いますよ、どんなのでも。





    うえだ
      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:44Comments(0)修理メンズ修理

    2016年11月02日

    トリッカーズ











    本日はトリッカーズ!

    ダイナイトヒールでの交換と腰裏のご修理です。

    ダイナイトヒール ¥3,500+税
    腰裏(ロング)   ¥2.000+税 (片足でのお値段です)


    社会人になってはじめてのボーナスで購入したのがトリッカーズでした。

    それまでは割とUS物ばかり好んで履いていたので少し大人になったかな~なんて思っていました。

    最初はあまりの硬さにはじめて泣きをみた靴でもありましたが我慢して履いていくと

    結構はきやすいんですよね~。

    デニムもありウールのパンツも有り、太いのも細いのも行けるのでかなり重宝しました。

    自分の中の感覚ではシュッとしたワークブーツって感覚です。

    エイジングの感じもカッコイイですし、何よりもタフさが魅力の靴です。

    お手入れの仕方によっては10年選手も余裕だとおもいますので
    気になるかたは是非一度履いてみて下さい。


    まなべ










      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 22:15Comments(0)メンズ修理

    2016年11月01日

    CROCKETT&JONES































    先月あたりから、オールソール交換のご依頼が増えてきたように感じます。

    今回は高級底材、レンデンバッハのソールとヒールを使用。

    オークバークとゆうレザーなのですが、

    使用できるまでに一年以上の時間をかけて丁寧に鞣されているのです。

    英国の高級紳士靴メーカーでも使用されるクオリティの高さは、

    使ってみる価値有りです。




    うえだ
      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 21:00Comments(0)修理メンズ修理Crockett&Jones

    2016年10月31日

    CROCKETT&JONES オールソール









    本日はCROCKETT&JONES!

    オールソールさせていただきました。

    クロケットと言えばこの映画。007。



    こんな特集くまれてましたね。

    今のボンド役の人はスタイリッシュ過ぎて自分的にはシックリ来ず・・



    ピアーズブロスナンのイメージしかないです。

    話が脱線してしまいましたが
    要約すると靴と映画は非常に密接な関係にあります。
    有名な所だとインディージョーンズであったり。

    昔の映画とか靴や服に注目して見てみると凄く楽しいです。
    たまにはゆっくり映画でも見るのも良いかもですね。


    明日も心よりご来店をお待ちしております。



    まなべ



      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 22:34Comments(0)メンズ修理

    2016年10月30日

    GIANVITO ROSSI





















    ブーツの承りも増えてきました。

    そろそろシーズン到来ですかね。

    こちらのようにシンプルなデザインほど、

    購入を躊躇してしまったり・・・

    きちんと自分の足に合った一足をチョイスしたいものです。



    うえだ









      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 18:22Comments(0)修理レディース修理

    2016年10月28日

    ガジアーノ ガーリング











    僕的にはかなりスペシャルな部類に入る靴の1つがガジアーノ ガーリングです。

    トニー・ガジアーノさんとディーン・ガーリングさんが出会い誕生したブランドです。

    ガジアーノさんはCHEANYやEDWARD GREENのデザインを担当し
    ガーリングさんはジョンロブやジョージ・クレバリーなどの名だたるブランドのビスポーグ部門のキャリアを歩んだ人です。

    そのためか作りもビスポーク顔負けの作り込みで尚且つデザインも現代的といいますか
    靴好きの好みそうなバランスの所でデザインに落としんでいる印象です。

    私もいつかは購入したいものです。



    明日もご来店を心よりお待ちしております。



    まなべ

      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 21:38Comments(0)メンズ修理

    2016年10月26日

    WOLVERINE




























    昨日に引き続きウルバリン。

    こちらはハーフラバーのみの仕様。

    つま先のスチールに関しては、

    お客様によって好みの別れるところです。

    つま先の減りを気にしたくない・・・

    歩くたびに音がするのがイヤ・・・

    滑るのがイヤ・・・

    見た目がカッコイイ・・・

    何に重きを置くかで、着けるか否かを選んでいただければと思います。






    うえだ


      


  • Posted by 銀座三越 シューズ&バッグリペアコーナー at 20:27Comments(0)修理メンズ修理